CTC Forum 2017

日本企業におけるITの役割に収益拡大の要素が大きくなったことで、企業ITの在り方が大きく変化しています。従来からの役割であるコスト削減に対しては、企業内に点在遍在していた業務システムを、仮想化技術によって共通基盤上に集約統合し、企業・企業グループ内で専有して利用する形へと進んでまいりました。この動きとは別に、仮想化技術の進化によって急速に発達してきたクラウドコンピューティングとクラウドサービスが、新規ビジネスや新規サービスの素早い立上げを可能にしています。この収益拡大を目的とするITは、外部リソースや外部サービスを他社と共有して利用することが普通のこととなっています。企業が安定した事業運営と収益拡大を実現していくにあたり、企業ITには、統合が進むITと共有を拡げるITの両方を適切に連繋させていくことが今後はより強く求められます。

ビジネスの面でも、今まで以上に外部との連繋が求められています。様々な知見・経験を持つ異なる業種・職種・所属のメンバーが連繋する共創によって産み出すオープンイノベーションや、最新ITやデジタルテクノロジーをビジネスに組込み連繋させるデジタルトランスフォーメーションへの期待は高まる一方です。

今回のCTC Forum 2017では、連繋(つなぐ)をテーマにこれからのCTCの取組みをご紹介してまいりたいと思っております。お客様と連繋した未来創りにご期待ください。


イベント名 CTC Forum 2017協賛イベント
日  時 2017年10月13日(金) 10:00-18:00
場  所 グランドニッコー東京 台場
〒135-8701 東京都港区台場2-6-1
主  催 伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
詳細・登録 詳細情報・ご登録はこちらから

※ご登録は上記リンクからお願いいたします。またイベントは変更が生じる場合がございます。リンク先の詳細情報をご確認願います。

パロアルトネットワークスセッションのご案内

205
12:00~12:30

サイバー攻撃の最新動向!実例で解説する今後への備え

パロアルトネットワークス株式会社
Unit 42 サイバースレットインテリジェンス アナリスト
林 薫


昨今、WanaCrypt0rやPetyaなどのランサムウェアは、多くの企業に被害をもたらしました。本セッションでは、パロアルトネットワークス サイバーセキュリティ専門家、Unit 42より、今回の脅威や最新脅威のトレンドを解説すると共に、このような脅威を教訓として今後のどのような備えが必要かについて、分かりやすく解説します。